猫村ねこは、今日も行く!

f:id:kagetora5:20191216131103j:plain


あーだめ・・・明日が初奉公の日だってのにちっとも眠れやしないわ~。

緊張と興奮が入り混じっちゃって気持ちがマーブルチョコみたい・・・。

えいえい しっかりするのよ、がんばれ私!バリバリバリバリ

 

手ぬぐいの顔は猫村さん

 

前回、ストレッチをするように伸びたり縮んだりしているよ!と言う記事を書いたのですが、

 

www.kageneco.com

 

そのかげとらの後ろに下がっている手ぬぐいが可愛いです。と、ぽぽんたさんがコメントをくださいました。

 

↓NNNシリーズ!ぽぽんたさんの描く猫さんのマンガです♪

www.poponta.blue

 

あの手ぬぐいは何の柄だったかな?と見直してみると、猫の顔がたくさん描かれています。

あっ・・・この顔は、猫村さん!

 

『きょうの猫村さん』の主人公『猫村ねこ』です。

 

 

『きょうの猫村さん』あらすじ

数年前に買ったものなのでちょっと忘れていましたが、このマンガは私にとって久々にヒットしたものでした。

しかも猫が主人公 (*´꒳`*)♪

 

鉛筆でさらっと書いたような絵のタッチ、それぞれに付けられたネーミングセンスが抜群に面白い、笑いと人情あふれるストーリーになっています。

 

少しだけ中身をご紹介しますと、

 

電柱の求人広告を見て村田家政婦紹介所へ向かう猫村さん。

 

『ウチが出してるのは求広告だよ、猫に何ができるっての』

 

そうあしらわれても何のその、きりりとエプロンを腰に巻き(うしろのリボンはたて結び、キッチンの洗い物から掃除機がけ、お風呂掃除など一連の家事をサクッとこなしてしまいます。

 

その様子を見ていた村田の奥さん、

 

『つ、使えるね、猫!』

 

家事の腕が認められ、他の家政婦さんと一緒に住み込める事になりました。

 

ここから物語はスタートします。

 

きょうの猫村さん2刊「湯けむりバージョン」


一度だけ手ぬぐいと石鹸がセットになった『湯けむりバージョン』が発売された事がありました。

 

その時に付いていた手ぬぐいが、かげとらの後ろに下がっていたものです。
 

 

ご奉公先は犬神家 

その後、由緒ある家柄の犬神家へ奉公する事が決まるのですが、そこの家庭事情が気になって仕方がない猫村さん。

 

ある日、隠されていた秘密にも気付いてしまいます。

 

●猫村さんの入れるお茶はいつもぬるい→猫舌だから

 

●初奉公の前夜、緊張のあまり爪をとぎ続けて倒れる→犬神家へは行けず

 

●門扉が自動で開いて驚く→こ、これが噂のITってやつかしら・・・

 

思わず微笑んでしまう箇所があちこちに散りばめられているので、興味のある方は読んでみてくださいね(*´꒳`*)

 

↓ログインすると無料で読めます。

nekomura.jp

 

おわりに 

2005年の発売当時は職場で『ネコムライスが食べたいね』と話したりしていました。

 

反抗期でごはんを食べない尾仁子おじょう様も、猫村さんが作る栄養満点ネコムライスだけはきれいに食べてくれるんです。

 

懐かしくなり少し読み返したのですが、やっぱり途中では止められなくなりそう・・・時間がないのにどうしましょー(;'∀')

 

 

 

↓カレンダーも発売されていました♪