猫の毛からは逃れられない

f:id:kagetora5:20190429120036j:plain

こっちにも猫の毛、あっちにも猫の毛。

見渡せば、いつもそばには猫の毛がありました。

 

 

いつもそばにあるよ

今では猫生活も長くなりすっかり馴染んでしまいましたが、はじめの頃はあちこちに落ちている猫の毛が気になって、仕方ありませんでした。

潔癖症と言うわけでは無いのですが、いたる所に毛のある光景を今まで目にする事が無かったので、何だか違和感があったのです。

 

鼻がムズムズするなぁと思って鏡を見てみると、猫の毛がついている。


コーヒーでも飲もうと思ってカップを見ると、猫の毛がのっている。


夕飯時にも「まさか、ここにはないよね」と思い、ふと手に持ったゴハン茶わんを見てみると…やっぱりのっかってる!!!

 

「どこにでもあるーー!」

 

猫の毛の大移動

ある日、出掛け間際にクローゼットを開けてみると、

こんな所にも付いていました。

f:id:kagetora5:20190429120047j:plain
ジャケットの袖に付いた猫の毛が、絡まって中々取れません。

 

うっかりしていました。

かげとらはクローゼットがお気に入りなので、寝床のカスタマイズもして毎日入って行きます。

そんな行動をしている事を、すっかり忘れていました。

ちょうど顔の辺りにジャケットの袖が当たっていたようで、そこに毛が集中してくっついています。

素材に毛の付きやすい冬場は特に要注意ですね。

ジャケットやコーデュロイパンツなど、ほとんどの洋服にもれなく、くっついていました。

f:id:kagetora5:20190429120056j:plain
コロコロでOK!と思っていたのですが、実際はあまり取れません。

 

外出前には必ずチェックして取り除くようにしているのですが、気付かず出掛けてしまう…何て事もしばしばあります。

電車内などですれ違った人に付けてしまっているかもしれません。( ;∀;)

f:id:kagetora5:20190429120105j:plain
直径2cmの毛玉。すぐにもう一匹かげとらが作れそうです。

 

おわりに

ブラッシングを続ければ、抜け毛も減らせるかなと思い数日間試してみたのですが、結果はあまり変わりませんでした。

しかも、「無限なのでは…」と思う程抜け続けるためブラッシングの止め時が分からず、いつもかげとらに怒られます。

最初は気持ち良さそうにしているのですが、あまり長いとしつこいと思うのでしょう。

それにしても、全身毛で覆われているとはいえ、毎日大量に抜けているのに全く薄くならないのも不思議ですよね (*´∇`*)