保護されているお家へ行って来ました。

f:id:kagetora5:20190411132135j:plain

まだ名のない「かげとら」に会いに行きます。

あいにく当日は、どしゃぶりの雨でしたが、家から1時間ちょっとの距離を電車を乗り継いで、少し迷いながら向かいました。

 

いよいよ対面!

部屋の奥から、ちっちゃいグレーのフワフワした毛玉ちゃんが、跳ねるように走って来ました。

想像していたよりも人懐っこく、初めて会った私のヒザにも臆する事なく飛び乗ってきます。

そして、お腹をフミフミ…フミフミ…。

きっと程よく弾力感があって気持ち良かったのでしょう…(^-^;

とっても嬉しかった事を思い出します。

また、そのお家の方も、「人見知りはしない子だけど、こんなにすぐに懐くなんて…」と、ビックリされていました。

これは、相性バッチリ何だわ♪と思い、安心して迎える事に決めました。

やっぱり相性は大事ですね。

ドライフード?ウェットフード?

 生後約2.5ヵ月の今は、どんなキャットフードを食べているのか聞いてみました。

それまでは、柔らかいウェットタイプが主流でしたが、そろそろ固形の総合栄養食も食べられるようになってきたとのお話でした。

念のため、2種類用意しておいた方が良さそうです。

子猫専用のドライフードとレトルトタイプの猫缶を準備する事にしました。

トイレの事。

これは正直、一番気になっていました。

中々覚えてくれなかったら、部屋の掃除は結構大変なのでは…と考えていたからです。

いくら猫が好きでも、ところかまわずされてしまっては辟易してしまいそうです。

恐る恐る聞いてみると、予想に反してそんな不安を一瞬で吹き飛ばすような言葉をもらえました。

それは…

「トイレは一回で覚えました。」

え?そうなんですか??

てっきりトレーニングを重ねるものだと思っていましたよ??

~魔法の言葉かと思ってしまいました。

そんな出来る子がいるのね!と当時は思ったのですが、猫はキレイ好きなので、トイレは案外早く覚える子が多いとの話も聞きます。

1回で覚えたと言うのは極端かも知れませんが「かげとら」の場合は、そんなに手のかからないタイプだったのかもしれません。

これでひと安心です。

幸せのカギしっぽ

この言葉も初めて聞きました。

「そもそも、カギしっぽって何?」と思っていた私です(^-^;

そんなかげとらのしっぽをそっと触ってみると…

真っすぐではなく、ちょっと曲がっている感じです。

そう言えば、猫のしっぽは真っすぐ長いものだと思っていました。

よくCMに出て来る猫のイメージです。

スラッと長いしっぽを上にあげて優雅に歩いてくる感じ…

f:id:kagetora5:20190414090135j:plain

でも、かげとらは違いました。

2つのブロックを縦につなげたテトリスのように、2カ所曲がっていました。

その曲がったしっぽで、「幸せを引っかけてくる」「幸せの扉を開ける」と言われているみたいですね。

 正直これは、言われなければ気が付かなかったと思うのですが、面白い解釈ですよね。

どんな幸せを運んで来てくれるんだろう?と言うよりも、これから始まるモフモフ子猫との生活を考えただけで、ワクワクが止まらない気持ちになった事が忘れられません。