胃腸炎その後、ダイエットも継続中

障子に猫

寝てばかりいちゃダメですよ~ さぁ今日も一緒にあそぼうよ♪

 

太り過ぎは病気になるリスクが高い 

 

www.kageneco.com

 

夏もこれからという時期に、突然胃腸炎になり体調を崩してしまったのですが、その時に食事が摂れなかった事もあり、今は少し体重は減りました。 

日に日に回復を見せて、食欲はほぼ元通りに戻ってきて安心なのですが、それでも平均体重よりは多いため、今後の病気の予防にと勧められたダイエットを進行しています。

 

猫ボディコンディションスコア
出典:環境省 飼い主のためのペットフード・ガイドライン

 

このスコアを当てはめてみると・・・やっぱり確実に肥満体型でした。

特に最後の一文を読んでいて気になったところがあるのですが、

 

BCS3 理想的 脇腹にひだがある。

BCS4 やや肥満 脇腹のひだは適量の脂肪で垂れ下がり、歩くと揺れるのに気づく。

BCS5 肥満 脇腹のひだが目立ち、歩くと盛んに揺れる。

 

歩くと盛んに揺れる。( ;∀;)

 

ブログ巡りをしていると太っちょ猫さんを見かける事も多いし、そんなブログはふくふく感がこちらにも伝わってきてほっこりするので、ウチもこのままでも問題ないと考えていたのですが、体調を崩した時にこのままじゃいけない・・と思い始めたのです。

数年前のまだ活発な年齢ならば、それほど気にしなくてもいられたのでしょうが、やはり11歳という年齢を考えると急に心配になります。

獣医師さんにも念を押されました(^-^;

 

いつから太り始めたの?  

子猫の頃は太ってはいませんでしたが、足がガッシリとしていたので将来は大きくなるよとは言われていたのです。

それでも予想より遥かに成長したような気もしますが・・・(^-^;

大きく体重が変動したのは、1歳になる頃でしょうか。

急に食欲が増したようで一日中ゴハンを欲しがり鳴いていた記憶があります。

1歳になるまではフード計量カップを使って、かなり正確に食事量を計測していたのですが、成猫以降はそれほど気を遣わなくなっていたこともあるかもしれません。

  

現在の食事メニュー 

朝は、ウエッティ1袋35gです。

かつお節味が何よりも好き

 

昼~夜は、肥満気味の成猫用のカリカリ、

 

または、低脂肪(11歳以上)のカリカリを与えています。

カリカリの食事量目安は、上記のロイヤルカナンだと6kg以上の太り気味な猫で一日63g、ビューティープロは、カロリー制限する場合は80gと表記されていますが、朝のウエッティ分を差し引いて与えます。

体重を記録する

数グラム減っても見た目では分かりにくいので、これからは体重を量ることにしました。

抱っこが苦手なので体重計に一緒に乗るのは少し難しそうなのですが、やはり正確な数値は必要ですよね。一緒に乗って、その後自分の体重を引いて記します。

早速今日、量ってみたら6.3kgでした。

ずっと7kgの大台でしたが胃腸炎になり少し痩せました。

それでもまだお腹回りはタップンなので減量は続行です。

 

一緒に遊ぼう

胃腸炎以降は、以前にも増して寝てばかりになり強制的に遊ばないと、もはや動かない存在となりつつあります。あんなに早朝から賑やかだった一人運動会もしなくなってしまい少し心配です。

まだ体調が回復していないのかなと見守っていましたが、食欲は旺盛なので出来る限り一緒に遊んで運動もしないと。

 

おわりに

子猫の頃から偏食気味なので、食べてくれそうな他のカリカリも色々と与えていたのですが、これを機に止めてみようと思います。

そうは言いつつもゴハンを欲しがって鳴いていると、オヤツなどもあげたくなっちゃうんですよね。

でも一回あげてしまったら終了・・・なので、そこはグッと我慢して、しばらくこのメニューで頑張ってみることにします (*´꒳`*)